banner

ホームページ制作ソフト

ホームページ制作ソフトを比較した

ホームページ制作で重要なソフトとしてエディタがあります。windowsのメモ帳でもHTML・CSSを作るだけならできます。ただしホームページ制作の上で、各種のエディタを使うと作業効率が上がります。エディタを比較した中で自分にあったソフトを使うと良いでしょう。比較の上で、それぞれの利点があるので複数インストールを行い状況に応じて使い分けることも良い方法です。ホームページ制作を行うエディタは、入力補完型とタグ挿入型があります。

入力補完型は、Crescent EveやDreamweaverが該当します。ホームページ制作作業に慣れた人は、入力補完型のエディタを使った方が作業効率が上がります。マウスカーソルを移動せずにキーボードを打つだけでHTMLとCSSの作成ができます。これらのツールは、コードレビュー機能が付いています。

不正な部分に対してアラートが表示されます。プレビュー機能の使うことで、画面の表示を見ながら編集を行いことで作業効率が上がります。各種のショートカットキーを使うと作業効率が上がります。ホームページ制作では、同じタグをたくさん使います。各種のショートカットキーがあるエディタの方が効率良く作業ができます。

タグ挿入型のエディタとしてez-HTMLやTTTEditorやUnEditorがあります。タグ挿入型は、初心者でも簡単にHTMLを作成できます。タグボタンを押すと該当するタグが挿入されます。各タグを覚えて無くてもタグボタンを見て何を挿入するかを考えるだけです。タグ挿入型は、マウスカーソルを移動してタグを挿入するかショートカットキーを使って挿入する以外にありません。入力補完型のエディタよりも作業効率が遅いです。

初心者の段階では、タグ挿入型のエディタを使ってタグに関する知識を覚えることで、入力補完型エディタに移行すると効率が良くなるでしょう。あと各種エディタ独自の機能を使いこなすことで、作業効率が上がります。例えば、UnEditorは強力なgrep機能があります。

たくさんのHTMLファイルの部分的に変更したい場合に、grep機能を使うことで簡単に行うことができます。ホームページ内の用語修正やソース修正を行うときに全てのファイルに適応する必要がある場合に漏れなく全てのファイルに対して適応できます。このgrep機能は、ディレクトリが深い場所でも適応できるので便利です。他にも無駄な行前・行末の全ファイル改行・スペース削除を行うことができます。

Copyright(c) 2014ホームページ制作を安くするために知っておきたいソフトと会社All Rights Reserved.