banner

個人で作るホームページ

個人で作るホームページ制作のコツ

個人でもホームページ制作でそれなりの作品が簡単に作れるようになりました。高い値段を払って高機能グラフィックソフトや多機能ドローソフトを購入してホームページ制作をしたいという願望がある人も多いでしょう。ただホームページ制作を個人で行う場合は、フリーソフトと素材だけでも、それなりのビジュアル的なホームページを作ることができます。最低限の必要なソフトを入れて置けば作ることができます。

特に、ペイントレタッチのPixlr EditorとドローソフトのInkscapeを使えば、素材の作成・加工ができます。ホームページ制作上でHTMLやCSSのコード編集を行う場合は、入力補完型エディタのCrescent Eveを使います。ホームページ制作をするだけなら、これらのソフトを使いこなすことでできます。ただし初心者では、ホームページビルダーに含まれているような素材やテンプレートが欲しいと感じることがあるでしょう。

最近のビジュアル的なサイトを作りたいと思う人も多いです。初心者でもコードを適応するだけで、ビジュアル的なサイトが簡単に作ることができるCSSフレームワークというものがあります。代表的なものとしてBootstrapというのがあります。BootstrapのソースをダウンロードをしてHTML上に読み込むだけで、ソースが適応されビジュアル的なサイトを作ることができます。ただしデフォルトカラーは、決まったものしかありません。

色変更する場合は、CSSの編集が必要となります。できているものをソース変更するだけなので、非常に簡単に使うことができます。このCSSフレームワークは、jqueryを使っています。

マウスカーソルの動きやクリックアクションに対して動作を行うソースも含まれています。例えばメニューのタブ表示やスライドショーとかが、該当します。ホームページ上埋め込んで編集するだけで、自分のサイトに合ったビジュアル的なページを作ることができるのが魅力的です。

HTMLが作れるけどデザインができない人には、最適な方法です。Bootstrap以外にもCSSフレームワークは、あります。他のソースを使ってホームページ制作を行うのも良い方法です。Crescent Eveを使ってプレビューを見ながら編集することで作業効率が高くて良いです。

Bootstrap付属のCSSを編集する場合にプレビュー付きのエディタを使って行うと良いでしょう。

Copyright(c) 2014ホームページ制作を安くするために知っておきたいソフトと会社All Rights Reserved.