banner

最近の投稿

必要な費用

ホームページ制作に必要な費用について

ホームページ制作といっても、様々な方法があります。
1つは自分で作ってしまうことです。自作のメリットは、専門的な知識を習得できるようなれば、自分の納得がいくまでホームページのデザインを考えることができるようになるということです。しかし、自分で0からサイト運営をできるようになるには、人によっては想像以上に時間がかかるかもしれません。ホームページといっても、HTMLやCSSを始め、WebマーケティングやSEO対策、サイトに使う写真の撮影など様々なことに手間がかかります。もちろんこれらの技術を習得できるようになれば、マーケティングに関する知識が身につくようになるかもしれませんが、とはいえ初心者がそこまでのレベルに達するには、日々一定の勉強を継続したとしても少なくとも半年はかかるかもしれません。

そこでホームページの作成に手間をかけたくないという方は通常、ホームページ制作の代行業者に外注するというのが一般的です。

ホームページ制作業者といえども様々で、費用やデザインはもちろん、現在ではマーケティング対策までも行ってくれる業者が多数あります。まず費用についてですが、これは業者によって様々です。

無料のものから、100万円のものまでピンキリです。
例えばグーグルなどでは無料でホームページ制作を誰でも簡単にできるサービスなどがあります。

数万円のものでは、まずホームページのレイアウトラフをあらかた自分で用意しておき、それに従って制作してくれるものがあります。

ここで重要なことは、ホームページ制作に自らも関わっていくうちに、少しずつホームページに関する注文が多くなってしまうということです。

当初のレイアウトラフが実際のホームページに形となっていく段階で、例えばもう少しかっこよくしたい、とか、検索エンジンの上位に来るサイトを作って欲しい、などの要望が増えてきます。

そういった場合、必然的に制作料金が高くなってしまうので、当初の予算を軽くオーバーしてしまうことがよくあります。たくさんの費用と手間をかければそれだけの集客は見込めますが、ホームページ制作自体に終わりはありません。

ですのでホームページ制作における大切なポイントは、まず予め予算を設定しておき、その範囲内で様々なホームページ制作業者に見積もりを出すということです。そうすることで、業者側がどこまでのことをどれくらいの費用でやってくれるかというのが一目瞭然です。これらのことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

個人で作るホームページ

個人で作るホームページ制作のコツ

個人でもホームページ制作でそれなりの作品が簡単に作れるようになりました。高い値段を払って高機能グラフィックソフトや多機能ドローソフトを購入してホームページ制作をしたいという願望がある人も多いでしょう。ただホームページ制作を個人で行う場合は、フリーソフトと素材だけでも、それなりのビジュアル的なホームページを作ることができます。最低限の必要なソフトを入れて置けば作ることができます。

特に、ペイントレタッチのPixlr EditorとドローソフトのInkscapeを使えば、素材の作成・加工ができます。ホームページ制作上でHTMLやCSSのコード編集を行う場合は、入力補完型エディタのCrescent Eveを使います。ホームページ制作をするだけなら、これらのソフトを使いこなすことでできます。ただし初心者では、ホームページビルダーに含まれているような素材やテンプレートが欲しいと感じることがあるでしょう。

最近のビジュアル的なサイトを作りたいと思う人も多いです。初心者でもコードを適応するだけで、ビジュアル的なサイトが簡単に作ることができるCSSフレームワークというものがあります。代表的なものとしてBootstrapというのがあります。BootstrapのソースをダウンロードをしてHTML上に読み込むだけで、ソースが適応されビジュアル的なサイトを作ることができます。ただしデフォルトカラーは、決まったものしかありません。

色変更する場合は、CSSの編集が必要となります。できているものをソース変更するだけなので、非常に簡単に使うことができます。このCSSフレームワークは、jqueryを使っています。

マウスカーソルの動きやクリックアクションに対して動作を行うソースも含まれています。例えばメニューのタブ表示やスライドショーとかが、該当します。ホームページ上埋め込んで編集するだけで、自分のサイトに合ったビジュアル的なページを作ることができるのが魅力的です。

HTMLが作れるけどデザインができない人には、最適な方法です。Bootstrap以外にもCSSフレームワークは、あります。他のソースを使ってホームページ制作を行うのも良い方法です。Crescent Eveを使ってプレビューを見ながら編集することで作業効率が高くて良いです。

Bootstrap付属のCSSを編集する場合にプレビュー付きのエディタを使って行うと良いでしょう。

会社の選び方

ホームページ制作の会社の選び方

ホームページ制作を考える場合、どのような業者に制作を委託するのかを決めるのは最初の大きな課題です。家庭用のものであれば時間をかけてでも自分自身で作り上げるという選択肢が取れますが、業務用のホームページ制作の場合はそうはいきません。必要な期日までに開設しなければなりませんし、開設したものは一流の見た目である必要があります。ホームページは会社の顔にもなるのが現在のスタンダードですので手作り感の残るホームページではデメリットが多いのです。そのためホームページ制作はしっかりと選んで決めていくことが望まれます。

しかしホームページ制作はどこを選んでも同じということはありません。しっかりとポイントを押さえた選択をしなくては間違いを犯してしまうことがあります。ホームページ制作を行うのは何も会社に限った事ではありません。クラウドソーシングの発達した現代では会社として業務を請け負っている団体のみならず、フリーランスで活動している個人への仕事の委託も可能になっています。その様な中から自分の求める形に最適な物を選択するのにはある程度製作者側の背景を知っておく必要があるとも言えます。

この様なホームページ制作を業務として行ってくれる業者は意外なほど多く存在しています。しかしその背景を探ってみると、そのほとんどがシステム系であるか、印刷系であるか、映像系の会社であるか、個人であるかの4種類に分類することが可能なのです。求める方向性に合った技術的背景を持った業者から選定する必要があるのです。

例えばサービス業のホームページ制作を行う場合、便利な予約システムをホームページ制作の目的として盛り込みたいのであればシステム系技術の豊富な業者から選択するのが良いでしょう。そうでなければ本来欲しいと感じていた機能以外に力が入ることになるでしょう。

そうではなく集客のためのパンフレットと連動させて宣伝用に構築したいというのであれば印刷系のホームページ制作業者が有効になる場合があります。ある程度以上の規模の印刷会社になるとデザイン部門を内部で抱えているのが一般的です。

そのため難しいアイディアを出さなくても業者側にイメージを伝えれば、それだけで一応の形にしてくれるのです。非常に楽なのでお勧めでします。あるいは動画にこだわりたいのであれば映像を扱える業者を選ぶべきです。動画に素人くささを出さないのはプロの技が必要ですので、商用に利用するのであれば必ず頼らなければなりません。

費用と相場について

ホームページ制作の費用と相場について

ホームページ制作という仕事があります。かつてはHTMLの知識がなければ殆ど何もすることが出来なかったため、その専門性は相当に輝いていました。しかし近年では簡単にホームページ制作をするためのソフトやシステム開発が進んだため、職業としてのホームページ制作はそれほど一般的なものではなくなってきています。

しかし本当の意味で他とは違う技術を盛り込んだホームページ制作をしようと考えているのであれば、ホームページ制作を専門としている職人の手を借りるのが一つの選択肢になっています。市販のソフトやシステムを利用する場合、確かに簡単に作り上げることはできるのですが、それはあく稀も敷かれたレールの上を走っているに過ぎません。自分の頭のなかにひらめいた様をホームページ制作に取り込むことが出来るのは、やはり知識を持った技術者に限られます。そのため他とは違う独自性を持った新しいホームページ制作にこだわるのであれば現在でも業者に依頼をかけるのが有効な選択肢となっています。

その場合の費用はどれくらいのボリュームのホームページを考えているのかによっても変動しますが、概ね50万円から100万円程度の資金があればそれなりのものを作ることが出来るでしょう。これはホームページを作る技術者の人件費に該当するものであり、その相場は業者ごとに若干程度違いますが、この費用が安いということはホームページ制作に費やす時間が短いということを意味しますので良く注意しておく必要があります。

また、近年ではホームページを構築するためのシステムを販売するという方式を採用しているサービスがあります。その様なサービスの中にはCMSと呼ばれるものがあり、これはかなり高価なソフトウェアを購入する契約を結ぶことになります。

一般的には200~300万円規模のリース契約を結ぶことが多く、そのリース契約で入金される金額で構築を行い、以後はユーザーが自分の力でホームページ制作を継続していくことが出来るという仕組みを採用しているのです。この様な仕組みはメールサーバーとセットで販売されることが多くなっています。

この様に色々なサービスが存在していますのでホームページ作成費用というのはどのような方法を選択するかで相場は異なるのです。市販のソフトを購入して自前で作れば数万円からでしょうが、プロに構築してもらえば50万以上、システムを購入ならば200万円以上というのが一つの回答かもしれません。

seo込みの会社

ホームページ制作はseo込みの会社に依頼しましょう

ホームページ制作会社は、最低限度のseoを行う会社に依頼すべきです。

機会損失を最小限に抑えられます。

ホームページ制作のみを依頼した場合、ホームページの内部ソースが整っていない可能性があります。
現在の検索エンジン対策は、内部対策が重要視されており、内部ソースは適切であるべきです。

商用サイトで内部対策が為されていない場合、サイトを開設した時点で大きな機会損失が発生します。

内部ソースが検索エンジンに最適化されていれば、そのサイトは検索エンジンから適正な評価を獲得できます。
内部ソースが最適化されていないと、良いコンテンツでも順位が振るわない状況が続きます。

seoのほんの少しの差です。
小さな差がサイトの価値を大きく変える事もあります。
スタート地点で競合サイトよりも不利な状況では勿体ないです。

ホームページの順位・アクセスが気にならない場合、問題ありません。

しかし、ホームページが商用サイトであれば、押さえておきたいポイントです。
実際、ホームページの内部ソースを最適化する事で、検索結果の順位が上昇するケースは少なくありません。
ホームページ制作を依頼する時は、内部ソースの調整が行われるかどうかも確認しましょう。

機会損失と言っても、それほど大きな問題ではないとお考えの方もおられるはずです。

しかし、ホームページ制作とは、ウェブでは家を作る事と同じです。
ホームページがあって、コンテンツがあり、コンテンツから収益が発生します。
土台となるホームページの構築で、手を抜いてしまうとしわ寄せが大きいです。

サイト上で良い商品・サービスを供しても、内部ソースが疎かで検索順位が低ければ、アクセスは増えません。
少なくとも上位表示されているホームページより、少ないアクセスとなります。
それだけホームページ制作とseoはウェブでは欠かせない要素と言えるのです。

内部ソースの調整はサイトの収益を伸ばす意味合いより、こぼれ落ちる収益をきっちり確保するイメージです。
seoでは攻撃的な施策ばかりに目を向けてしまいがちですが、防御的な施策も忘れないで下さい。

ホームページ制作を依頼の際には、クライアント側もhtmlやcssを多少学んでおくと良いです。
ホームページ制作会社にもクセがありますので、多少でもhtmlの知識があると修正する時にラクです。

ただが内部ソースですがされど内部ソースです。
ホームページの土台となる要素ですので、制作依頼の際にはしっかり気を配っておきましょう。

無料ソフトを使う

無料ソフトを使うことでホームページ制作ができる

ホームページ制作を始めるに当ってソフトを用意した方が効率が良いです。ホームページ制作ソフトは、有料・無料ともに豊富にあります。

始めてのチャレンジをする人は、無料版を使用してホームページ制作を行うと良いでしょう。ホームページ制作では、重要なソフトとしてエディタを考える必要があります。

HTMLの編集をする上で使いやすいエディタを使うと作業効率が上がります。ホームページ制作に置いて便利なエディタとして「Crescent Eve」が便利です。このフリーソフトは、入力した文字に対して入力補完を表示して選択して打ち込むタイプです。タグ挿入型のHTMLエディタでも良いですが、タグを覚えた場合に入力補完型のエディタの方が高速で編集を行うことができます。キーボード上でHTMLの入力が完結するので、慣れると便利です。

あと上にコード編集画面が表示され下にプレビューが表示されるモードで編集を行うと、HTMLの表示を見ながら編集ができて効率が上がります。HTMLの入力補完だけでなくCSSの入力補完もできます。デザインの編集でも便利なツールです。あとソフトがエディタのため非常に軽いです。低スペックなマシンであっても動作をします。HTMLの編集ツールは、これで十分にできます。

ペイントレタッチとして「Pixlr Editor」を使うと便利です。Pixlr Editorは、webアプリです。パソコンにインストールをする必要がありません。web上で編集を行います。web上ありながらも非常に多機能なペイントレタッチです。webアプリながらもレイヤーがあり、画質調整もできて、各種フィルターを搭載していて、ブラシの種類も豊富、選択ツールも揃っている多機能なペイントレタッチです。

画像素材の作成用として必要十分な機能を有しています。何よりwevアプリなので、どこの場所でも・どんなOSでも使うことができるのが大きいです。

環境に左右されないのは、大きな強みとなるでしょう。ただし保存出来る形式は、BMP、JPG、PNG、PXDという形式のみです。絵を描くときにペンタブレットを使うとわかりますが、筆圧感知がされません。

徹底的に拘って作るには、不十分です。拘って作ることを考える人は、「GIMP」を使うと良いでしょう。GIMPは、無料でありながらもAdobe Photoshopに対抗できるツールです。多少のクセがありますが、フリーでありながらもPixlr Editor以上に高機能で拘りの作品が作れます。

Copyright(c) 2014ホームページ制作を安くするために知っておきたいソフトと会社All Rights Reserved.